不動産売買の流れを掴む情報サイト

契約の解除は自己都合だけでは困難

分譲物件と仲介物件

まずは住まいの販売形態について学んでいきましょう。
販売形態はざっくり分けて分譲物件と仲介物件の二つに分類することが出来ます。

分譲物件とはある程度まとまった不動産を分割して販売するもの。
分譲住宅地に似たような家をいくつも建てる為、建築資材の大量調達により建築費用が抑えられるというメリットがあるので住宅を購入して住みたいが予算は抑えたい人向け。
デメリットとしては一から自分好みに決めていけない点。

多くの中古物件は売り主が不動産会社を通して取引する仲介物件にあたります。
買い手が見つかった場合、不動産会社へ仲介手数料を支払わなければなりません。
その際に払う金額は法律で物件価格の3%+6万円と法律で上限が決まっていますから事前にある程度の予測は可能です。
これが不動産会社の利益となり、物件の価格に関しては高かろうが安かろうが一銭の利益にもなりません。

住まい購入の流れを把握する

住まいを購入するにあたって土台となるのが希望条件。
これがなければ成り立ちませんから希望条件に関しては妥協せず前面に出してまとめましょう。

次に買いたくてもお金が無ければ買えませんから予算も当然大切です。
希望の住まいの相場を把握、預金残高やローン借入可能額なども併せて確認が必要です。

ある程度絞れてきたらネット検索や広告、不動産会社からの情報を集めて実際に条件にあった物件探しに動き出しましょう。
気に入った物件が見つかったら現地やモデルルームを見学、再度物件周囲の環境などを確認しましょう。
並行して資金計画、返済までのプランを具体化させるところまで行って初めて不動産会社へ購入の申し込みをすると良いですね。

あとは不動産会社からの説明等を受け、合意した上で引き渡しとなりますので契約内容はしっかりと確認しなければなりません。